明日死んでもいいように

明日死んでもいいように、残りの人生後悔しないように生きたい

もう地蔵するなんて言わないよ、絶対

スポンサーリンク

スポンサーリンク

地蔵克服に向けて粛々と

f:id:tsukunex:20180610155634j:plain

 

51歳にもなり、改めて地蔵克服に向け頑張っています。どうすれば克服できるのか?というと、結局のところ、たくさん声かけをして慣れるしかない、という結論に行き着いてしまいます。たくさん声かけすることができないことに悩んでいるのに、その解決法が「たくさん声かけをして慣れろ」ですから、できない人にとってはホント厄介な問題ですね。

 

まぁそんなことを言っていても仕方ないので、いろいろ考えながら活動は進めています。

 

これまで「プチ旅ナンパ」とか言って、いろんなところに出向いたりしていましたが、それはそれでナンパをするモチベーションになっていた部分もあるのですが、地蔵克服に向けては逆効果だったように思います。なので地蔵を克服するまでは、大きなターミナル駅1箇所、近場のローカル駅1箇所の計2箇所に絞って活動することにしました。まずは場所に慣れ、やりやすいと思える場所を確保することが先決だと考えたのです。

 

大きなターミナル駅はY駅で、基本的には週末に活動します。平日の仕事帰りは近場のF駅に出撃します。毎回時間を決めて無理をしない範囲で、でも可能な限り毎日出撃するよう心がけて活動していきます。

 

地蔵を克服できたかどうかの判断は、以前にも同じことを書きましたが、大きなターミナル駅では1時間以内に10声かけ(6分に1人ペース)、ローカル駅では1時間以内に6声かけ(10分に1人ペース)、この両方を達成できたらとします。そしてこの数値を達成できたらまた「プチ旅ナンパ」を再開します。

 

ナンパ声かけに躊躇してしまうのは、ナンパの技術とかはほとんど関係なく、自分の性格や心理的な問題です。セルフイメージやエフィカシー(自己効力感)が低かったりとか、メンタルブロックを外せなかったりとか、苦手なことを先送りにしてしまう性質だとか、そういったことです。

 

これらの心理的な問題については、普段の生活も含めて改善していくことを考えます。

 

ちなみに今現在地蔵克服に向けて頑張り始めていますが、今のところ一向に克服する気配は見えてきておりません。ひとつの要因として、地蔵克服ということを意識し過ぎるから逆に身体が動かないんだということも考えられます。

 

こういった状況に対し、自分のことをどう捉えるか、どう対処していくかなどを考えていきたいと思います。地蔵を逆に意識してしまうのであれば、地蔵という言葉を少なくともこのブログでは使わないとかね(笑) 声かけができなくてもチャレンジしようと出撃している自分を褒めてあげるとかね。少なくとも自分を卑下してダメ出しばかりしているよりは今後の生産性に繋がるのではないかと思われます。

 

そもそもナンパを始めたきっかけも、40代後半を迎えて「根拠のない不安」を感じるようになってしまい、それを打ち破るために始めたようなところがあります。打ち破るとは、「根拠のない不安」を「根拠のない自信」に変えるということです。

 

まだまだ僕のライフスタイルに、結果うんぬんは別として「ナンパ」という行動は必要不可欠だと考えています。

 

4/30(月)

S駅とY駅に出撃し、7時間4声かけでした。成果はありません。

 

f:id:tsukunex:20180212210126j:plain

f:id:tsukunex:20180505015510j:plain

 

5/1(火)

F駅とY駅に出撃し、8時間5声かけでした。成果はありません。

 

f:id:tsukunex:20180610161807j:plain

 

5/3(木)

S駅とH駅に出撃し、8時間1声かけでした。成果はありません。

f:id:tsukunex:20180505014137j:plain

 

5/4(金)

S駅とY駅に出撃し、4.5時間2声かけでした。成果はありません。

 

5/5(土)

H駅に出撃し、1.5時間1声かけでした。成果はありません。

 

f:id:tsukunex:20180415233937j:plain

 

5/6(日)

H駅に出撃し、1時間0声かけでした。

 

5/9(水)

S駅に出撃し、1.5時間0声かけでした。

 

5/10(木)

S駅に出撃し、1.5時間1声かけでした。成果はありません。

 

5/11(金)

S駅とH駅に出撃し、1.5時間0声かけでした。

 

5/12(土)

S駅に出撃し、5時間1声かけでした。成果はありません。