明日死んでもいいように

明日死んでもいいように、残りの人生後悔しないように生きたい

改めて目的を意識することで複数のゴールを再考する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バランスホィールで複数ゴール設定へ

f:id:tsukunex:20180712223343j:plain

 

ナンパを始めた目的は?

以前の記事にも書きましたが、50歳を過ぎてまで僕がナンパをやり続けている理由は、現在に至るまでナンパを始めた目的をまったく達成できていないからです。

 

 

ではその目的は何かというと、これまで何事にも消極的で周りに流されて生きてきた自分というものを、主体的に行動し自らチャンスを掴みに行く、そして残りの人生を目一杯楽しむことのできる男に変える、というものです。

 

当初この目的の達成を目指すうえで、ナンパのナの字も僕の頭の中にはなかったのですが、ネットサーフィンで偶然たどり着いたナンパブログを読んだことで、僕の気持ちは一気にナンパにチャレンジする方向に傾きました。ナンパを経験することこそが僕の目的の達成に近づくと確信したためです。

 

スコトーマでナンパ師の存在に気付かなかった

もしこの目的を達成しようと思わなければ、きっと今でもナンパブログというものの存在を知らないままだったでしょうし、実際ナンパをしようと試みなければ、毎日のようにストリートで何人もの女性にアプローチしている自称ナンパ師という存在にも、一生気付くことはなかったでしょう。

 

コーチングの理論によく出てくる言葉でスコトーマ(心理的盲点)という言葉があります。これは脳の機能によって、自分にとって重要でないものはフィルタリングされて見えなくなる、ってことなのですが、まさにストリートにいるナンパ師達は、ナンパを始める前の僕にはスコトーマで全然見えませんでした。ナンパを始めてから、街にはこんなにもナンパをしている男達がいるものなんだ、ということに気付いて驚いたものです(笑)

 

そもそも動機は?

ところで、そもそも何故僕はこの目的を達成したいと思い立ったのでしょうか。これまで思い立った理由が何であるかということをあまり気にしていなかったのですが、最近になってふと、今の停滞している自分をもう一度やる気にさせるためには、目的を達成したいと思い立った理由をはっきりさせた方がいいんじゃないかと思ったのです。

 

そしていろいろ当時の心境などを思い出してみようとしたところ、理由はこれじゃないかということに気付きました。

 

劣等感と不安から逃れるため

それは「劣等感」と「劣等感からくる将来に対する不安」です。

 

僕は子供の頃から劣等感の塊でした。劣等感の対象となる相手を憎んだり、妬んだり、あいつに比べてなんて自分はダメなやつなんだと自分を卑下したり、今でもちょっとしたことで劣等感を感じ、自分はとことん雑魚キャラなんだと落ち込んでしまいます。

 

そして40歳になった頃から、この劣等感は大きな不安を生むようになっていました。こんなダメな自分じゃいつ仕事をリストラされるか分からないし、リストラされなくても全然貯金できていないし、このままじゃ下流老人確定だ・・・などのネガティブな思考です。

 

40歳からずっと不安をぬぐい去ることができず、悶々とした日々を過ごしていたわけなのですが、45歳になってようやく、自分のマインドを変え、メンタルを強くしなければいけないと思い立ったのです。

 

将来の不安に対して具体的にどうしたらいいのか分からなかったし、例えば投資して財産を増やすこととか考えなければいけない、と思っても、投資に失敗して逆に財産が減ってしまったらどうしようなどのネガティブな思考ばかりで、何一つ行動できませんでした。だからまずは、失敗を恐れる弱いメンタルを変え、何があってもどうにかなるさ、と思えるマインドを手に入れたかったのです。

 

先にマインドが必要

ということで、これまでナンパ活動を継続してきたわけですが、目的としたメンタルやマインドを全然獲得できていません。それどころか、4年くらい前から年々ナンパ声かけにビビるようになってしまい、それと比例するように劣等感や将来に対する不安も蘇り、更に年々増幅している傾向を感じています。

 

最近コーチングを勉強していますが、コーチングでは先にマインドありきです。自分の目指すゴールを達成したときのマインドを先取りすることで、ゴールを引き寄せるという考え方です。もちろんマインドと行動はセットであると思いますが、ナンパしてれば自動的にメンタルが強くなったり、楽観的なマインドを手に入れられる、と思ったらそれは間違いということなのかもしれません。

 

最終的なゴールはナンパで成功することではない

とりとめのない文章になってきておりますが、改めて目的やその動機を考えてみると、僕にとっての最終的なゴールは「ナンパでの成功者」になることではないということは明白です。

 

最終的なゴールは、僕が今欲しいと思っているメンタルやマインドを手に入れた場合に、自分の仕事や家族、人間関係、時間の使い方など、要するに自分のライフスタイルがどう変化しているかということなんです。

 

コーチングではバランスよく複数のゴール設定をすることを推奨していますが、この考え方をバランスホイールと呼びます。そういう意味では「ナンパでの成功者」も複数のゴールのうちの1つと言えますが、他のゴール設定もあって初めて意味のあるゴール設定になるような気がしてきました。

 

ということで、ナンパ以外の他のカテゴリについても、今後ゴール設定を考えていこうと思います。

 

ナンパの結果

6/7(木)

F駅に出撃し、1.5時間で0声かけでした。

 

6/8(金)

F駅に出撃し、2時間で1声かけでした。成果はありません。

f:id:tsukunex:20180422131858j:plain

 

6/9(土)

Y駅に出撃し、3時間で2声かけでした。成果はありません。

f:id:tsukunex:20180505015510j:plain

 

6/13(水)

H駅に出撃し、0.5時間で0声かけでした。

 

6/14(木)

H駅に出撃し、0.5時間で0声かけでした。

 

6/16(土)

H駅に出撃し、1時間で0声かけでした。

 

6/17(日)

F駅に出撃し、2.5時間で1声かけでした。成果はありません。

 

6/23(土)

H駅に出撃し、2時間で0声かけでした。

 

6/27(水)

F駅に出撃し、1.5時間で0声かけでした。

 

6/30(土)

H駅に出撃し、0.5時間で0声かけでした。